今度はUSB3.0でインストールしたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMGP1363.jpg

速いとか遅いとかなことは知らないが、SONY のこのタイプは扱いやすさとデザインが好きで使ってる、初のUSB3.0 対応

スポンサーリンク

目標「USB3.0 な USBメモリでのWindows8インストール、もちろんUEFIブート」

UEFIブート出来ないのは、言われるままWindows 7 USB DVD Download Toolを使うからで

UEFIブートのためにはFAT32でのフォーマットが必要なのだけど、これではNTFSでフォーマットされるから

diskpartなんか怖くて使いたくない

簡単に見つかる「UEFIブート出来るUSBの作り方」なんかでは、なぜかdiskpartなんていうハイリスクなツールが紹介される

diskpartは何でも出来るけど、空覚えで操作するのは結構危険なツールだけど、そんな記事よく眺めても、diskpartでの作業はフォーマットとコピーだけにしか見えない

いろんな細工が必要ならdiskpart だろうけど、フォーマットやコピーだけのためにリスキーなツールを使う必要はないだろう

試してみた

image.png

普通にエクスプローラからでも良いと思うけど、何となく使い慣れた「ディスクの管理」で「FAT32」を指定

これでフォーマットを完了したUSBに、コマンドプロンプトのxcopyとかで完全コピーすれば完成するはずだけど、面倒だし意外と失敗してブートで出来なかったりもしやすい

isoファイルからダイレクトに確実にコピーしたい

こんなツールで出来るらしい

アンドロイドも無線LANルーターもリナックス,Android,,OpenWrt,Kali Linux,Chrome OS,Raspberry Pi

image.png

ただ、こいつはComodo Internet Securityに嫌われる

面倒だからちょっとパス

Linuxで使うこんなんでもいけるらしい

レノボ(旧IBM)のThinkPadユーザに贈るお役立ち情報です。シンクパッドを使っているユーザーのシンクパッド活用情報、次のThinkPadを買うと時の参考情報(使用感&クーポン&価格)を紹介します。
Universal USB Installer (UUI). Create a Bootable USB Flash Drive. USB Boot from Linux ISO, Portable Operating Systems, USB Windows Installers

ここでダウンロード、こいつはComodo Internet Security様のお許しもいただける

image.png

ドロップダウメニューのかなり下の方だけどWindows8が選べる

.isoファイルとインストール先を選んで「Create」

image.png

待ち時間はxcopyと変わらない程度だろうか、何気にDVD焼くより遅い気がする

image.png

無事終了

image.png

RAIDのドライバーをコピーしてテスト準備完了

130205173038.png

ちゃんとUEFI付きで、試しにインストール直前まで行ってきたけれど問題なさそう

image.png

大本命のリフレッシュだって出来るかも知れない

少なくと今の環境で diskpart なんか使う必要なさそうだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク