UPNP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPNPを有効にすると、ルーターもWindowsから見えて扱いやすくなる、それだけの理由で有効にしていたが

こんなんが2?3日前に、もっともUPNPには脆弱性以前の問題があるらしい

YAMAHAのルーターはより安全らしいが「設定書き換えにはログインが必要だから」などというのは甘いらしい

RTX810はせっかくデフォルトでOFF にしてくれているのを、何も考えずONにしてた

image.png

UPNPを使えばWindowsからネットワーク上のデバイスを簡単に扱うことが出来る、ということだけど、ルーターに関しては簡単に扱えてはダメな事もあるわけだからOFFにするべきだったわけだ

image.png

RT58iとRV-A340NEは、RTX810で接続を遮断してあるから、Flashがらみのことは問題なさそうだけど、UPNPを有効にしておく理由も特にない

遮断してあるRTX810のLANポートを接続

image.png

no lan shutdown lan1 2

image.png

すぐ反映され、わかりやすくて便利と言えば便利だけど、それだけのことだから

RT58i

image.png\

RT58iの設定方法はRTX810と同じ

ちなみに RT58iの購入時はデフォルトで有効だったはず、いじった覚えも無いし

RV-A340NE

image.png

image.png

RV-A340NEは「高度な設定」にある

チェックを外して下の方の「設定」をクリック、「保存」がオレンジになって点滅しだしたら「保存」

一応、何の問題もない様子を確認して、RTX810で遮断

image.png

lan shutdown lan1 2

WindowsのUPNP

壊れかけのプリンターがUSBで接続してあるけれど、普段はネットワーク上のPX-673Fを使ってる

image.png

こうやって簡単にアクセス出来るのもUPNPのおかげなのかな

Windows7でははじめの頃いろいろ悩まされたような気もするが、Windows8では何もしなくてもこのプリンターが使えるようになる、細かい設定は出来ないことがあったりするから、専用ドライバーのインストールもするけれど

UPNPの設定変更は、多分「ネットワーク」の「詳細設定」にある

image.png

この「Network Discovery」、「ネットワーク検索」がUPNPに該当するらしい

image.png

OFF にしてみると

image.png

ネットワークにあるプリンターの表示が薄くなる

image.png

アクセス出来るが、印刷は出来なくなる

まあこういうデバイスの為のものだから、ドライバーもUPNPに依存するってことかな

そもそも UPNP って?

よく知る人達にとって今回の脆弱性は「何を今更」な話だったろうけど、UPNPが危なっかしいことや、Flashの問題とかは確かに聞いた覚えがあるけれど、「ほとんど関係ないし、もうとっくに解決済みだろう」ばどと勝手に思っていたのだから見直しのチャンス

そもそもUPNP ってやつはMicrosoftが最低最悪だった頃の産物で、OSのアップデートツールをウェブ閲覧ツールと偽って、末端ユーザーに提供していたMicrosoftの産物だったわけだ

プリンターなんかはわかるけれど、なぜルーターにUPNP かっていうと

 ブロードバンド・ルーターに新しい流れが見えてきた。ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ(UPnP)に対応した製品が登場してきたのだ。すでに出荷している製品も,ファームウエアの変更でUPnPに対応するという動きもある。こうしたねらいはどこにあるのか,しくみと効果を合わせて見てみよう。

と、これまた最低の理由だっらりもする

最新のホームセキュリティーとかもやっぱりUPNPなのだろうか

大丈夫なの かな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク