自作電源2号 その1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット情報はホント便利で使える 回路知識なんて皆無でも、アルバイトとかでハンダ付けの経験があるだけでこの程度は何とかなる ...

自作電源にはむき出しなこと意外、不満は皆無だけど

IMGP0962.jpg

オヤイデにとっても面白いものを発見

ハンダつげもしたかったし・・・

IMGP0956.jpg

IMGP0966.jpg

ACTRONIC DEVICE 0.9の外径は6.6かな、このDCプラグは最大6.3ということだったけど

きつめだけどピッタリ

この420円は安い、とか思うのはやはり病気かな

IMGP0984.jpg

今日は、まだ全部届いてないから、この辺まで

ちょっと、道具なんか

IMGP0968.jpg

IMGP0973.jpg

1,000円も出せばちゃんと使えるハンダごては手に入るが、こいつは5,000円強の温調

ド素人が使うようなものじゃなさそうだけど、よく言われる通り全く逆で、温度制御はド素人ほど必要

簡単に言えば「ゆっくり作業できる」ということ

IMGP0978.jpg

ケイバの MC-616 というラジオペンチ

assocbutt_gr_detail._V371070194_

とっても使いやすい

ラジオペンチの出番は結構あるから、中途半端なの買うことない

IMGP0987.jpg

ほとんど収縮チューブを縮めるだけに使うヒートガン

収縮チューブはライターやトーチでも何とか出来るけど、失敗すると相当残念な思いをする

安いのもあるけど、道具に関しては安物買いのなんとかになりやすいから

ド素人がいい加減な道具を使うと、ド素人なりの仕上がりしか望めないが、それなりの道具を使うことで、それなりの仕上がりが可能だったりする

予想通り相当悪戦苦闘した 過程を記録する余裕などなかったが、なんとか形にした 加工は不細工なのは必然だけ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク