今更LINEをやってみた(2/4)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

始まると驚く

やっぱり細かいところは省略するけれど、インストールが終わりLINEを起動すると、冗長な確認メッセージの類は一切なくLINEの世界に放り出されることになる、ほとんどゲーム感覚

「友だち設定」でちゃんとチェックを外してあれば、特に何も起こらないはずなのだけれど、筆者の場合エミュレータという油断と気の緩みから、ありとあらゆるところに知れ渡り残念な思いをした

既存のGoogleアカウントを使ったため、そこにあった古いバックアップ用のアドレス帳は使われ、さらに長いこと使ってる電話番号だったからそれを知るところにも

突然届き出すメッセージには驚くしかない

ほとんどオンラインゲームなのは予想していたけれど、一応実社会で使う電話番号やアドレス帳を使うのだからもっと気を遣って欲しい、筆者の感覚では容認出来ないところなのだけれど、みんなはそれで問題ないらしい(一応賛否両論なのかな)

友だち自動追加

LINEの登録に使ったGoogleアカウントなどのアドレス帳が検索に使われて、そのアドレス帳にある全ての相手に知られても問題ないのならば、「設定」の「友だち」で「友だち自動追加」だけにチェックを入れてみよう

※絶対に「友だち自動追加」だけ

image.png

Untitled

不正には使われないという注意しか出ないけれど、問題はアドレス帳にある電話番号を持つ「LINEユーザー全て」に、確認無しで通知されること

「アドレス帳を吸い取られる」などと言って、アドレス帳の悪用なんかを心配する声もあるようだけれど、アドレス帳のアップロードなんてことは今時普通なことなのに、LINEだけが問題視されるのは、半ば強制的に既存のアドレス帳が使われることで、スマホなどの場合特に「LINE用のアドレス帳」を作るなどの回避策がないからだろう

「友だち設定を両方OFFすれば心配ない」なんてのは相当無責任で幼稚な解説で、これを使わないことには簡単にLINE仲間には入れないのだから、少しでも心配を減らしてLINE仲間に入りたければ、専用アドレス帳を作れる環境、例えば専用スマホやPCなどを使うこと

Windows版LINEと2つ目のアカウント

Bluestacksはエミュレータ故にレスポンスも悪く、使い慣れた入力環境も画面サイズの変更もままならないから、普通にやりとりするだけならはるかに使いやすいWindows版LINEをインストールする

line.me-screen-capture-2015-02-15_05-54-17.png

Windows8のMetro版は出来ないことが多いらしくて評判もよろしくないから、デスクトップ版の方が良いだろう、複数Windowsを開けるから同時に複数の相手もしやすくなる

人からどう見えているのか確認する

LINEはほとんどゲーム感覚で、何をやっても警告や確認なしに周りに告知されたりする様子で、相手にどう見えているのかを知らない丸裸状態ではとっても困る

複数のPCと複数の携帯電話を持っていれば2つのアカウントを同時に扱える(Bluestacksは末端扱いになるからインストール先を変えると機種変更と同じようにそれまでのやりとりが消えたりする)から、2つ目のアカウントと作って確認するのがわかりやすいだろう

image.png

これはほとんど使っていない携帯電話の番号と、新規Googleアカウントで作った新規LINEアカウント、もちろん友だち関連の設定は両方OFF

このWindows版のLINEを使えば、BluestacksのLINEアカウントとは別のアカウントを1台のPCで使えるようになるからいろいろ試すことも出来る

友だち自動追加

無警戒で作ってしまったLINEアカウントでWindows版にログイン、BluestacksのLINEは新規アカウント、その電話帳(Googleアカウントの連絡先)に電話番号を追加して「友だち自動追加」を有効にすると、アドレス帳を使った自動検索が開始される

image.png

そして、アドレス帳にある電話番号で登録しているLINEユーザーに見つけると、承諾無しに自動登録、自動通知される

相手のアドレス帳にはない電話番号を使っている場合、相手の「友だちかも」のところに、登録したハンドルネームとアイコンが表示されるけれど、写真もなくわかりにくいハンドルネームを使っていれば、正体不明の相手として表示されることになる

わかってもらえないと悲しいなんてことは全くなく、相手を不安にさせて失礼なんてこともないだろう

友だちへの追加を許可

image.png

「友だちへの追加を許可」の方は、特に長く使ってる電話番号の場合要注意で、良く理解するまではOFFのままの方が良いだろう

登録に使った電話番号が、どこかのLINEユーザーのアドレス帳にあれば、やはりそのユーザーに「確認無しに通知」され

「あのオヤジ、今更LINEなんか始めやがった」

ということになる

そのどこかの誰かとは縁を切ったつもりで、アドレス帳からは削除してある場合、「友だちかも」に現れるのはアイコンとハンドルネームだけで、そのハンドルネームが適当な場合、どこの誰だかわからない「不安で失礼なやつ」になる

LINEアカウントを作る時に使う電話番号は公開されるのだから、よく考える必要がある

とりあえず試してみたいという場合は、ショートメールが届き確認出来る電話番号なら何でも良く、ほとんど使っていない携帯電話、じじばば連中に持たせている携帯電話なんかがあればそれでも良いだろう

まあ、じじばばの電話番号を使うと、その電話番号を知る、やはりじじばばがLINEをやってたりするのがわかる程度だから多分問題ない

結構古い知り合いでアドレス帳からは消えていたが「近況を知ってる悪いやつ」なんてのがいて、しっかり悩まされた、やられっぱなしでは気が収まらないから

不安で失礼なやつになって遊ぶ

知られていない電話番号でLINEアカウントを作り、アドレス帳に遊びたいやつの電話番号を登録して「友だち自動追加」をすれば、相手にはハンドルネームと謎のアイコンだけが通知される未知の相手になる

とりあえずど暇確実なオカマと遊んでみた

image.png

予想以上の過剰反応には少々疲れたけれど、残念ながら反応したのはこの暇人オカマだけだった

数人にはトライしたけれど既読にすらならないことも多い、ちょっと残念

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク