EV2736W

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セカンドモニター?を変えたのは2ケ月以上前、T2381Wが思いの外良かったので

画質なんてのはある程度以上のやつを選んでおけば問題ないと思っていたから、スペック上同等なやつが飛び抜けて5割程度は高価なEIZOは普...
EIZO製品情報。コンピュータモニターなどの各種映像関連 機器紹介、ビジネスソリューション、ニュース、サポート、EIZO オンライン ショッピング、用語解説、会社情報など

image.png

設置してすぐ撮影はしたのだけど、困ったことにこれと言った感想がない

作りはそれなりに安っぽいけれど、27インチで7万円程度のモニターはEIZOにすれば格安モデルだということだろう、まあ、不満と言うほどでもない

日本人の場合、女性の500人に1人、男性の20人に1人が色覚異常だと言われていますが、日常生活で自分の色彩感覚がどれくらいのものかを知る機会はほとんどありません。そんな色彩感覚をオンラインで簡単にチェックできるのが「Online Color Challenge」です。

image.png

筆者の色彩感覚もモニターの発色も問題ないと思われる

ほとんど動画再生専用だけれど、サイズアップの効果もそれなりに良好

これが5万円以下のモニターだったら絶賛なのだけど、値段相応な感想で、それほど奮発した気持ちもないから特に不満もない

モニターのサイズアップは結構前から検討していて

Dell ディスプレイ モニター U2713H

assocbutt_gr_detail._V371070194_

なんてのが第一候補だったわけで、これならキャンペーン価格で6万円弱、パネルのスペックは同等でインターフェイスはDELLの方が豊富、作りもDELLの方が良いのかもしれない

もっともEIZOのコストダウン手法に懐疑的なことがT2381Wで払拭されたわけではないから、EIZOクオリティーへの期待だけでEV2736Wを選択したのではなく、決め手は結構大きい消費電力の差

007.jpg

image.png

動画視聴に合わせた輝度、コントラストで25?26W程度と、ほとんどカタログスペック通り

モニターの消費電力とか一々確認したことなんかないけれど、多分優秀で明確なアドバンテージだとも思うのだけれど、なぜか自慢をしていない

最大の懸念材料はドットピッチが違うこと

image.png

スクリーンショット(モニター単体は意外と難しい)なら普通だけど、実際は2736側がかなり縮小される

単体では問題なく見えづらいというようなこともないのだけれど、この配置だと離れたモニターが小さくなるから、テキストなどの比較にはあまりよろしくないようだ

動画再生がメインだから、あまり問題にならないけれど、やはり動画のためのモニターならば、もう少し大きい方が良さげだし、出来ればドットピッチも同じな方が良いだろう

動画なんかを常に見ることが出来る環境を目指したわけだけど、それが上手く出来るとこんな投稿にすら2ヶ月以上必要になる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク