Commander MiniとCorsair Link、良いと思う(2/3)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Corsair Link Version 4.5

最新版は

この手のやつは更新頻度が寂しく開発にやる気を感じないことが多いのだけれど、それなりに売れてる商品なのかそこそこの更新頻度が続いていて、Version4になってUIの大変更まであって動作も安定してるようだ

ファンコントロール

制御モード

一般的な3ピンのファンの検証は出来なくなったけれど、制御したいファンは全部PWMファンにしたのでModeはどれでもちゃんと制御する

Max Mode

PWMファンなら最高回転、3ピンファンなら未制御になるようだから、制御が変でも監視だけしたい場合に使える

Fixed Mode

ちゃんと制御出来るファンに有効で、%または回転数を指定して固定

上手く制御出来るのかテストするのに使える

Default

Quiet、Balanced、Performance

元から用意されてるModeで、関連付けたGroup(温度)に対応して回転数を制御してくれるのだけど、Version4になってから表示が変わってしまい、どんな制御になるのかがわからいのはとっても困るんじゃないかと思う

Custom Mode

温度に対する回転数の制御を任意に設定できる

こういうことが出来るのはマザーボードならよくあるだろうけれど、ファンポートだけでなく温度センサーポートも潤沢にあるマザーボードとなるとほとんどないだろうし、マザーボード以外の選択肢はさらに少なくて、ドライバーともに安定して動作するのは珍しいだろう

同じ設定を他のファンでも使いたい場合は「Copy to…」から

任意の関連付け

Commander Miniに接続された温度センサーやマザーボードが認識している温度など、任意に関連付けることが出来る

これは長いこと設定が出来るだけで思惑通りの動作をしてくれなかったから、どこかに致命的な設計ミスがあるのではないかと心配していたけれど、わりと最近のVersionですっかり直ってとても具合が良い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク