キャバクラの類は出会いの場所?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わりと最近いつだったかは忘れたけど、久しぶりに「さんまのまんま」の多分再放送を見た

ゲストは名前も知らないもてそうなあんちゃん

さんまに結婚願望があるとかいう流れで出会いの場所の話になった時、さんまがキャバクラの類を出会いの場所にあげたら

「そんなとこに出会いがあるんですか?」

なこと言われて答えに困るさんまだったけど、ウェブの書き込みなんか見ても同じような考えが多い気もする

社内恋愛なんかの方が理想的らしい、まあ、確かに成功例は多いけど選択肢が少な過ぎるだろ、ほとんど男側に選択権がなかったりもするのは気のせいかな

キャバクラで出会ったキャバ嬢を嫁さんにして、普通に幸せなパパになってるやつだっている

ホステスは清廉じゃない?

ホステスのアルバイト経験が原因で女子アナ内定を取り消された、なんてのがちょっと話題だけど、このお姉さんの発言がちょっと男前

それからもう一つ、この裁判は世間の皆さんに、女子アナという仕事について考えていただく機会にもなると思っています。大学時代にホステスのバイトをしていた女子アナは、受け入れてもらえないのでしょうか?私の経歴は、裁判によって公になります。その上で、もし私が女子アナになれたとしたら、批判も含めて、過去はすべて引き受けるつもりです

こんなこと言うきれいなお姉さんとも、出会えるチャンスがあるわけだ

清廉(心が清らかで私欲がないこと)じゃないと女子アナにはなれない、とかいうことらしいけど、そもそも清廉なんて「童貞中学生」の「妄想世界」の話だろ、「アイドルはウンコしない」とかいうやつだろ、そんなもん「内定取り消し」の理由に持ち出したら問題になるは当然だろう

もっともイメージの問題だと言われれば、確かに「ホステスは清廉じゃない」というのは一般的だろうし、もっと言えば「ホステスは不純だ」なんてのが一般イメージなのかもしれない

ホステスという職業は「好みのタイプ」と楽しく酒を飲めば済むわけはなく、「嫌いなタイプ相手だとそっぽを向いて口も聞かない」なんてやつも時に存在するけれど、それじゃあ仕事にならないのが普通だろう

その気のふりでその気にさせるのもよくある接客サービスで、好みのタイプを察知して演じてくれるのもサービスだし、お客が好みのタイプだからって、一々本気になってたら仕事にならない

たまたま隣に座ったきれいなお姉さんが「一目惚れして本気で誘惑してくる」、なんてことはまずないってことだから、好みのタイプを見つけて何とかしたければ何らかのアタックは絶対に必要で

「一発やらせろ」

なんて言うのがOKで以外と有効だったりもする

間違えなく清廉ではない?

やっぱりどうでもいいことだ

草食男子

それこそ「一発やらせろ」なんて発言は、間違ってもしないのが草食男子なんだろうけれど、まさか発情しなくなったわけじゃないだろう、それじゃあ俺らじじいと変わらない

上手にコントロール出来るならたいしたもんだ、ある意味進化だけれど、思うに遊び心が足りてないんじゃねえの

いくら「一発やらせろ」なんてのが有効だと言ってもそれだけで済むわけはなく、まあ、ある種のソナーみたいなもんで

「いいよ、やれるもんならやってみな」

なんて返されると動揺したりもするわけだけれど

「隙あらばパンツ脱がすぞ」

なアピールは大切で、それを怠ると頑張っても「増えるのは友達ばかり」なんてことになる

何だか俺自信のことみたいだけど、じじいになると脂っこいものが苦手になると言うだけで、草食男子に成り下がったわけではない

疑似恋愛

キャバクラは疑似恋愛の場所だ、なんてことはよく聞く

そう、キャバクラなんてものが存在しない頃からよくある接客スタイルだったのは確かだけれど、それは個々の女の子の接客スタイルに依存していることで、店の営業スタイルが「疑似恋愛専門」なんてことはなかったはず

最近は「疑似恋愛専門店」ばかりなのがどうにも残念だ

需要と供給のバランスがそうさせているのだろうか、店も女の子も稼ぎやすいというのがその理由なんだろう

さらに最近のバブルを知らない世代は真面目な子が多いからたちが悪い、真面目にしっかり疑似恋愛をこなす

「疑似恋愛」から「疑似」が外れれば本物の恋愛になるのだから、出会いを求める向きには一番の近道だ、なんて思ったらとんでもない間違えで「疑似」が外れることは永遠にない、そもそも付き合ってるという「設定」なんだから進む先がない、すでに落ちてるもん落としようもない

また、「枕営業」なんてのもあるらしく、疑似恋愛でも「やれる」ことはあるらしいけれど、その手合いは、見た目や会話なんかの接客能力が不足するからだったりする

ホステスに限らず軽い子はいくらでもいるから、「やる」ことが目的なら「やれる」だろうけれども、結局男の目的がそれだけなことは特に店側はよくわかっているから、コストパフォーマンスは最悪になるのが落ち

「素直に風俗にでも行っとけよ」と思うところだからそう言うと、皆「その過程が楽しい」などと言うけれど、それなりの話術なんかのスキルを身につけてからにした方が無難

話術なんかのスキルはそれなりに上達するかも知れないけれど、見た目を含めた全体の魅力は歳とともに衰えるのが普通だから、変な自信は持たない方が身のため

まあ、借金してまで入れ込んだりしないことだ

出会いの場所?

結婚願望ありなさんまに出会いはあるのかってことになると、TVでしか知らない売れっ子芸能人がどんな遊び方するのかなんて知らないけれど、もちろん「疑似恋愛」はカウントされないだろうし、知名度や十分すぎる稼ぎはかえって障害になるだろう

ちょっと気の利いた格好で遊びに行くだけで悲しいくらい接客態度が激変するようなところだから、正体を隠しようがないというのはちょっとかわいそうかもしれない

まあ、若いゲストの発言には返す言葉もないかもしれないけれど、「清廉」なんて言葉持ち出すどっかのじじいども並の偏見はいただけない

そんなところにも「出会いがある」とでも言いたげなさんまの本音は知らないけど、好感は持てる

出来ればさんまには「金目当てで何が悪い」と開き直ってもらいたい、とびっきり若くて上等な女にたっぷり演じてもらえば良い、愛情で返せるような歳ではないのだから

返せるものを何も持たない貧乏じじいには、うらやましいところだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク