リアル・セキュリティー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知り合いの建築関係がいて、無人になることが多い作業場兼置き場から工具が盗まれる話は結構前から聞いていた、まあ、良くある話だ

だんだんその頻度が増が手口も強引になってるらしいから、ネットワークカメラのことは説明してあったけど、所詮撮影できるだけだし、それを元に警察が犯人を捕まえてくれることもあまり期待できないってことで、その時は乗り気では無く、いくらか調べる程度で終わっていた

最近、簡単に出先から映像確認できることを仕事仲間からか知ったらしく、正式依頼になった

その置き場には、ほとんど使っていないけどインターネット回線は来ているから、インターネットカメラさえ接続すれば使えるはず

実売価格は6万円程度でこの機能は凄いと思うが、信頼性に不安がある

とにかく依頼者は最近のインターネット関連のものには相当懐疑的だから、いくら格安で多機能でも不安定だとだめだ

とにかく出先から現場の映像(ある程度以上鮮明な)を安定して見ることが出来るか否か、ってことが最重要

最近の準業務用みたいな奴らはこのカメラに限らず驚くほど多機能で格安だけど、いったん本格業務用に目を向けるとその価格差にはやはり驚く

依頼主はその価格差の意味をよく知るプロで、その高い業務用工具を盗まれるのが問題なのだから、監視も本格業務用が良いだろうということで

業務用カメラとと来れば、最近落ち目だけどSONYだろう

実売価格は9万円程度で良さそう、赤外線はいらないかな?

設置場所は確定していないけど、耐候性は必要だから屋外仕様でも軒下設置用は除外すると、やっぱりSONYは落ち目なのか、選択肢が少ない

Panasonicにも本格業務用はあって、選択肢も多い

SONYのやつから赤外線を無くした感じのスペックで実売価格は7万円程度

これでも良さそうだと思い、それぞれのカタログを用意、Fax送って選んでもらおうと思って電話すると

「10万円以下なら何でも良いから任せる」

とか言われてしまった、「任せる」とか言われると不思議と自信が後退するもので、もっとよく調べてみることにした

Panasonicでも耐候性まで考えると選択肢はなくて

赤外線無しの316なら、ショップによって売価の差が極端になるけど10万円以下でなんとかなりそう

とにかくこの手の商品は情報がほとんど皆無で、とにかくカタログだけじゃなく取説を入手、取説にはカタログなんかには載っていない制約も書いてあるから、よく見て比較すれば違いは把握しやすかったりもする

314と316の差はメモリースロットの有無とオートフォーカス(ズーム)らしく、316が遠隔操作でどこまで出来るかイマイチ不明なところもあるけど、314は固定で画像処理に依存する

このAXISと言うやつは選択肢が多く、出所から考えて実績はありそうだ

特にネットワーク関連の安定性は一枚上手だろうから、設置後も全部おいらが管理して使うならこの中から選びたいところ

決め手は

image

こんなもの使わなくても、遠隔操作やFTPを使った録画なんかはどれでも出来そうだけれど、特にクラウドへの録画サービスは魅力ある

AXISにも同様なサービスはありそうで、より鍛えられていそうなのだけどよくわからない

無人になる場所を監視する場合、クラウドなど別の場所に録画するというのは必ず必要なことで、高価なレコーダーなんかを使ったシステムを前提にされても魅力ない、っていうかダメだ

カメラはDG-SW316に決めた

あとはPoE給電のための

とりあえずこんなポート数は必要ないのだけど、最少のポート数のやつでもわりと高いし、このポート数でも1万円程度だから

あとは長めのLANケーブルとメモリーカードを手配した

さあ、どうなるか

使い物にならなくても、金銭的な損害請求が発生することはないだろうけど、当分というか半永久で恫喝ネタにされるだろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク