仕事嫌い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体を動かすことは、嫌いではない、どちらかと言えば、人より多く動きたい

人に指示されることは、最近考え方を変えて嫌いではなくなった

だけど、束縛は嫌いだ

「自分の好きなことをやる時間を最優先する」

「がんばって働かない」

「もちろん、高収入も望まない」

ということは、常に明確に公言しているのだけれども、最後の言葉だけが伝わっているような気がするのは、やはり気のせいだろう

「好きなことって、何やってるの?」とはよく聞かれる

基本、余計なお世話だが、「パソコン、チャリ漕ぎ、マリナーズ」と答える

どれも、ほとんど理解してもらえない

別に理解される必要もないし、理解も望まないが、「自由な時間が最優先」ということを分かってもらいたい

何も、趣味の時間だけが自由な時間ではない

世話になった人、好きな人を少しばかり助けることも自由時間だ、自由な時間が多ければ、思いっきり助けることもできる

だけれど、そこに報酬が約束されれば、それがどんなに好きなことであっても、それは自由時間ではなくなる

おかしな考えなのだろうか

「パソコンやっててお金になるの?」などとよく聞かれる

「ならない!」と答えると

「だったら、こっちの手伝いしろよ」などとは、よーーーく言われる

皆、大変な時期だから気持ちは分かるが、おいらの自由時間定義にもっと敬意を払ってほしい

ずいぶん愚痴ったが、基本、嫌いなやつとは働かないし、いやな仕事もしていない

ずいぶんワガママな生活をしていることも、間違いない

そこそこ感謝もしている、そこそこだけれど

まあ、たいして深くは悩んでいない、ということ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク