IFrameworkView はちんぷんかんぷんで、64bitはさらにだよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows7までのSDKサンプルコードの場合、

WinMainがあって、

WndProcもあって、

RegisterClassExCreateWindowを使うという、

まあ、昔からあるやつで、ちっとも変わらないことを嘆いてもいたのだけど

Windows8.1 のサンプルにはWinMainもなくて

と、こんなんがエントリーポイントらしい

これはおいらも似たようなコード書いてし、単純だからわかるけど

この先がちんぷんかんぷんになる

こんなところにあって、サンプルコードもここの通りになってるような・・・・・

とにかくわかるところが断片的過ぎて、どうにも糸口が見つからない

今時、Visual何とかを使うのが普通だからか、C++の情報すらほとんどな見つからない

D言語でも同等のコードで動けば相当面白いと思うのだけど、IFrameworkViewとかNameSpace取っ払って変換してみたけど、何の役に立つのかもわからない 

そっちは挫折して、ビルド可能になったはずの64bitをビルド

image.png

リンカーはちゃんと使ってるみたいで、エントリーポイントwWinMainの認識まで出来たところから先は

ちんぷんかんぷん

おいらが変換したところにも文句が付いてるが、

ちんぷんかんぷん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク