MaxCache by Adaptec ASR-71605Q

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
久々に秋葉へ出かけて Adaptec ASR-71605Q 10万円級のカードが入ってるとは思えない箱 まあいい、...

Adaptec ASR-71605QのQ付きを選んだのは、もちろん後付け出来ないMaxCacheのためだけど、Write Cacheに使いたい場合RAIDは1Eまたは5になるのだから、RAIDは構成にSSDが最低3台必要で、簡単に3万円オーバー

うわさによるとAdaptecカードとの相性は、SSDはSamsungかIntelが安牌らしいから、Samsung 840 PROあたりを狙っていたけれど、人気商品だから高値安定傾向で、衝動的に動きやすくなる2万円台前半で押さえるのまだ無理

Intel 520 Series

840 PROの耐久性の問題情報が気になっていると、突然Intel 520 Seriesが目についた

MaxCacheに適切な容量というのはイマイチよくわからないけれど、妥当な感じの80?120GBをRAID1E構成なら、60?100GBのSSDということになり、Intel520は60GBだと8,000円弱、茶箱とかいうバルクなら7,000円強、3台なら望みの2万円台前半に収まった

まあ正月だし

IMGP1272.jpg

どうやらAmazonの良いお客さんらしく、お急ぎ便とかの無料お試しをさせてくれた

大晦日の夕方に頼んで元旦に届いた、正月料金なんてのは当たり前のようにない

仕事とはいえ、やはり正月賃金ではないだろうヤマトの運ちゃん達もかわいそうに

IMGP1276.jpg

SSDは初めて手に取ったけれど、軽くて、コンパクトで、気を遣わなくて良いね

ちなみに軽く2回ほど落としたけど、心配なさそうだ

無音だし、発熱も最少で爆速

流行るわけだ

IMGP1275.jpg

少し前まで16ポートなんて考えもしてなかったけど、使うもんだ

残りは6ポート、予定では後2ポート埋まる

とりあえずいろいろ試してみようと、そのまま起動してStorage Manegerを開いた

image.png

ちゃんと認識はしてるけど、なぜだかInitializeが出来ない

Initialize出来ないとRAIDも組めない

ちなみに見えてるWarningとかも関係ない

PCを再起動し直してBIOSでのInitializeは、なぜかすんなり出来て、後の作業も順調

RAID1E or RAID5

細かいことは気にせず、とりあえずRAID1Eでテスト

image.png

悪い数字じゃないけど、ちょっと残念な結果

いろいろやることがあるのかも知れないけど、これで使うわけではないから次へと

image1.png

Initializeさえ済ましていれば、Storage Manegerで問題なく扱える

次はRAID5

image.png

まんまWriteが落ちて、Read 伸びない

SSD3台のRAID5でこの数字はちょっと問題ありそうだけど、やはり細かい追求はやめてMaxCacheで使うのは、RAID1Eに決定

image.png

image.png

image.png

image.png

MaxCacheもRAIDとほとんど同じ手順で問題なく簡単

image19.png

image22.png

ほとんど手間なし

image11.png

再起動も何もしてないのに、何かやってるのかな

試しに、そのままテスト

image.png

この結果は期待できる

起動時間とか比較のために計っておくのをすっかり忘れてたけれど、起動を繰り返すうちに速くなっていくのだろう、などと思っていたら、最初の起動から明らかに速い、ちょっと驚いた

その他の操作感も、初めてマルチコアのCPU使った時みたいにはっきりわかる

Cacheで使ってこれだからSSDが流行るわけだ

もっとも、SSDをCacheで使うのが最も効果的で実用的だと思っているが

ネットも反応良くなったし、素晴らしいね

コストに見合うかどうかは知らないけど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク