リボンフレームワーク?XAML?とにかくD言語で頑張る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッダーファイルの翻訳もDirectXあたり無縁すぎて挫折したが、Visual Studioなんてどうせ遊びじゃ手が出ないし、サンプルの検証に使う程度で約200日の使用期限も終わりそう

あまり評判がよろしくないリボンだけど、全然悪くないと思う

不人気だからなのか、とにかくリボン関係は情報が少なくて、特に具体的な日本語情報となるとほぼ皆無で

こんなところが唯一らしい

D言語でリボンを何とかするためにはCOM関係のヘッダーファイルとUIRibbon.hとかいろいろな翻訳も必要になるけど、それはそれで

まずXAMLとかいうMicrosoftのマークアップ言語

半自前のコードを書いてhoge.xmlで保存

コマンドプロンプトで

などとやると、バイナリファイル(.bml)、リソースファイル(.rc)、ヘッダーファイル(.h)が出来る

.bmlは、同時に出力されたリソースファイルに

などと読み込まれる様だから、このリソースファイルをコンパイルするか、元のリソースファイルにインクルードしてコンパイルして、リンクすればOK

ヘッダーファイルは

こんなのを作ってくれるから、D言語に変換、importしてそれぞれのコマンドを処理すればいい

それなりのコードを書いてやれば

26771-300x242

26812-300x243

なんとかなる

適当なmakeを書いてやれば、「D言語だから」という類の問題は今のところない様子、ただVisual Studioなんかを使えば、いろんなテンプレートの中から選んだりとか簡単になるのだろうけど

なにせ英語がミミズ故の苦労は尽きないけど、元からある普通のToolbarをD言語で実装するより問題が少なく簡単かもしれない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク