6アンダーグラウンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイリッシュマン

監督とキャストを見ただけで期待が高まるとか、スコセッシとデニーロは30年前からとっても退屈なコンビ

assocbutt_gr_detail._V371070194_

ロバート・デニーロのファンだという子と30年前の新宿で見た

「退屈だった」なんて言えない、映画は一人で見るもんだなって

タクシードライバーを面白いって思ったのは中・高生で、退屈なコンビって評価は変わらない、普通なら見向きもしないけれど、配信前に劇場公開とか力作で自信作らしいから

少なくとも最初の2~30分は予想通り見続けるに耐えない退屈さ、たぶん期待通りに素晴らしい作品なんだろう

トニー・スコット風マイケル・ベイ

大御所監督と売れっ子俳優主演で劇場公開作品みたいなのは同じだのに、配信されるまで気が付かなかった

色んな意味でマイケル・ベイらしく、内容の希薄さも天下一品だけど、ストーリーなんてのはアクションシーンのためにあればよく意味はいらないってくらい、やりたい方大好きにやりましたって感じのアクションシーンの面白さはさすがで、スタントマンの命と使った資金が心配になる

ぜひとも劇場で、でかい画面で見てみたいと思う

キャラクター付の希薄さはちょっと残念に思うけれど、内容は承知でアクションを楽しみたいって仲間と一緒に

ライアン・レイノルズ

いまいち見分けができていない

assocbutt_gr_detail._V371070194_

キャプテン・アメリカはこの頃からバカっぽいところが好きだし、似てもいないのかもしれないけれど

これも面白いとおもいつつ、いつも見分けがつかない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク