WiMAX再び

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Minibookのモバイル環境は悩ましく

デザリング

音声通話専用にdocomoのガラケーをかけ放題で、スマホはHuaweiのP20 liteをIIJmioのSMS付きSIMが月1,000円程度、通信量の多いやつは家の固定回線接続時に済ませる

Minibookがスマホのデザリングで済むのならまさにスマートなんだけれど、Windowsパソコン使うに月に3GBや7GBじゃ頼りない

最近流行りのなんとか放題

大手最安はソフトバンクってイメージかな

家に固定回線があれば50GBで事足りるはず、それで3,480円ならいいかもだ、けどこれは、なんやらかんやら計4,000円の割引適用後のプライス

それでもやっぱりソフトバンクは大手最安らしく、ドコモだと

30GBで4,980円と安くはないのだけれど、これもいろんな割引条件付きのプライス

auは

上限なし&Netflix付きで4,880円はお得かもだけど、デザリングは2GBまでとかほぼNG

もちろん、このプライスもいろんな割引条件付き

皆同じ

割引なしだと結局7~8,000円程度なのはほとんど同じ、お得な割引条件に3回線以上の複数契約が必須なのも

みんなスマホ使ってるけれど、「ちょっとバリバリ通信したいな」なんて思うとこんなナメてるプランばかりで

Minibookをスマホのデザリングで使うのはダメっぽい

クラウドSIM

その名の通りクラウドにあるSIM情報を選んで回線を使うってことで、結局はルーターの機能・能力次第で、回線契約に依存する

活動範囲が広くランダムならばいいのか

どんなときもWiFi

無制限使い放題で月3,480円

まだサービス開始から1年も経っていないからか、動画をバリバリ見る程度なら3日で10GB 超えても制限はかからないらしい

が、約款上は無制限じゃあない

使う側で回線を選べないのも懸念材料

大手キャリアのプランを見れば30~50GB程度通信量には大口契約でも5,000円程度は頂きたいってのが見える、しょせんはそんな大手キャリアの回線を借りているのだから、多くを期待しないほうが無難じゃないかと

ちょっとひどすぎる

最大の問題は解約時、解約手数料とかが1年以内だと19,000円(税抜)、さらに端末の返却が必要でできなければ機器損害金とかいって18,000円(税抜)、税込で40,000円程度取られる可能性が十分にある

解約金は他と変わらないけれど、十分な解約料を取りながら端末の返却を求めるのは

唯一の無制限サービスって扱いだけれど、明確な制限ルールが定まっていないサービスっていうのが正しく、将来どうなるか見もの

何しろ解約ルールは最悪だから

一択

結局WiMAXってことかな、サービスエリアから外れることも殆どないのだし、プロバイダーどうするってだけかな

jpwimax

「キャッシュバックが魅力的で良さげ」って最初は思う

ルーターが届くとか届かないとかいう評判は別にして、1年未満の解約金が30,000円、3年未満でも25,000円って

まじ

Broad WiMAX

良くも悪くも普通でここに頼もうと思っていた

ただ、解約金も普通

行政指導

「解約料は1,000円までにしろ」と大手3社とかあるけれど、回線元に対してなのかな

1,000円の根拠がアンケートとか言うのは意味不明で幼稚だけれど、端末0円や見せかけの月額割引は不要だし、法外な解約金を取るのはいかがわしい商売によくある

そりゃあ解約にもコストは掛かるだろうけれど、取り込んだカモ扱いはやめて0円でもいいと思う、まあ1,000円程度までなら容認するっていうことには賛同だ

UQ

回線元だからか行政指導の対象になったらしく、至極まともな契約ができるようになった

今までは「本家」ってこと以外に選択理由はなくただ割高なだけだったのが、とってもいい選択肢になった

ルーターは買取なのだから解約金は0円にして、型落ちや不人気ルーターを格安で入手できるようになれば良い宣伝にもなると思うのだけれど、そこまで頑張る必要はないみたいだ

土曜の昼頃自宅にて

自宅には固定回線があるからどうでもいいのだけれど、まあまあかな

何より追加料金は最小でいつでも解約できるっていうのは、本来当然あるべき権利なんだろうけれど

とても良い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク